KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

2011サッカーアジアカップ

サッカー・アジア杯決勝(現時時間29日、カタール・ドーハ)日本がオーストラリアに延長の末に1-0で勝利。延長後半4分、左サイドを突破したDF長友佑都(チェゼーナ)のクロスから、FW李忠成(広島)が強烈な左足ボレーで決勝ゴールを決めた。2大会ぶり、単独最多となる4度目の優勝を達成した。優勝3回がイラン、サウジアラビア、2回が韓国。GK川島永嗣(27)=リールス=が再三のピンチに好セーブを連発。初制覇を...

応援団旗

うちの真ん中の娘がバスケをやってるんです。今年6年生でキャプテンをやってます。と言っても6年生が3人しかいないんですが・・・試合のあった後日、ビデオに撮ったものをDVDに焼いて配ったりと、親のほうもなかなか大変なんですが、今回これまた大仕事!!!応援団旗を作る事になったんです。それで私がデザインの係。とりあえず、ネットで応援団旗とはどのようなものなのか検索。まあ、色々あって迷うと言うか・・・各パーツ...

アジア最終予選組み合わせ

[クアラルンプール 9日 ロイター] サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選の組み合わせ抽選が9日、マレーシアのクアラルンプールで行われ、5大会連続5回目の出場を目指す日本は、オーストラリア、イラク、ヨルダン、オマーンと同じB組に入った。オーストラリアは昨年1月に行われたアジア・カップ決勝で日本と戦った相手で、延長の末に日本が1─0で下し、4回目の王座についた。同代表...

フーリガンとは?

語源語源には、明確ではないがいくつかの説がある。「個人名」説19世紀のロンドンで非道の限りを尽くしていたアイルランド系の一家の姓、フーリハン (Hoolihan) に由来している。「流行歌引用」説19世紀のイギリスで流行していた歌の中で揶揄される、アイルランド系住民の名がフーリガンであった。「集団名称」説19世紀後半にフーリガンボーイズと称するギャング集団が、イギリスで新聞記事となって広まった。いずれかが語源となり...

プロサッカー選手の長者番付

サッカー専門誌「フランス・フットボール」が算出した2011年の長者番付によれば、アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが5200万ドルで首位。年俸やスポンサー契約などの副収入を合わせた金額。メッシは今季の出場試合で計51得点を挙げる活躍を見せている。今年1月には、同誌と国際サッカー連盟(FIFA)が共同選出する年間最優秀選手の2011FIFAバロンドール賞を獲得した。2位は、ロサンゼルス・ギャラク...

こんな相手に勝てるの?

バスケットボールって身長が高い程、有利なスポーツですよね。アメリカのサイトで見つけた動画なんですが、やたらでかい選手がゴールを決めています。身長いくつあるんでしょうね。リングに余裕で手が届いてます。...

オリンピックサッカー

サッカー男子の関塚ジャパンが「伝説」を生もうとしている。1次リーグで優勝候補の筆頭格スペインを撃破し、日本中に感動を与えてくれるきっかけをつくった。1次リーグを3戦負けなし、無失点で通過。勢いに乗り、この日は準々決勝。会場は香川が加入したばかりのマンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールドトラフォードだった。7万772人の大観衆が見詰める中、日本はエジプトに3-0の快勝。貴重な2点目を決めた吉田主...

レッドブルVSコカ・コーラ

コカ・コーラが22日、自動車レースF1のロータス・ルノーと、エナジードリンク「burn」のブランドでスポンサー契約を結んだと発表した。コカ・コーラは「F1が持つスピードとエネルギーの追究への情熱は、burnのブランドにふさわしい」とコメント。芸術や音楽を駆使して、F1の今までのしきたりを破るような新しいマーケティングのスタイルを打ち出したいと語った。コカ・コーラはこれまでにもF1への関心が報じられ...

F1 ベッテル3連覇

2012年11月25日にブラジルのサンパウロにあるインテルラゴス・サーキットで2012年F1世界選手権の最終戦となるブラジルGPが行われました。今年のチャンピオンシップは7戦目まで毎回勝者が入れ替わるという戦国模様の中、フェラーリのフェルナンド・アロンソが一歩抜け出してリードしましたが、後半にレッドブルのセバスチャン・ベッテルが大きく巻き返し、最終戦段階でチャンピオンの可能性が残されていました。バスチャン・ベッテ...

FIA表彰式

トルコのイスタンブールにあるチュラーン宮殿で、F1選手権を含むFIA(国際自動車連盟)主催モータースポーツの2012年選手権表彰式が行われた。表彰式では、2012年F1最終戦ブラジルGPで3年連続チャンピオンになったF1王者セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、ドライバーズランキング2位のフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3位のキミ・ライコネン(ロータス)は、FIAのジャン・トッド会長からトロフィーを受け取った。史上...