KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

移動型宿泊施設『TRUCK SURF HOTEL』

 この夏に向けてユニークなサーフトリップをお探しなら、ポルトガルとモロッコでサービスインするという『TRUCK SURF HOTEL』での滞在を検討してみてはどうだろうか。大きな6輪トラックに寝室やキッチンなどが完備され、ひとりでもグループでも滞在できるトラック型宿泊施設とされている。サーフィンはもちろん、海辺のトレッキングから乗馬、さらには近隣の市街観光の拠点として等々、様々な楽しみ方を提供するという『TRUCK SUR...

6本ぶんの瓶のフタを同時に開けられる栓抜き「SIXOVERONE」

 「SIXOVERONE」の使いみちは、あなたが今イメージしているであろうことそのまま。ひねりなしのド直球です。動画を見ると、なんとなくちょっと手こずっているし、実際にどれだけ役立つかは未知数。でも、決まったときはやっぱり気持ち良さそうだし、一度はやってみたいと思います...

空の旅を変える? 電気航空機スタートアップが100機受注

 Zunum Aeroは、JetSuiteが同社の電気航空機のローンチカスタマーになると発表した。同社は、JetSuiteから100機を受注。2022年に納入を開始する予定。ZunumはJetBlue Technology VenturesやBoeing HorizonXから支援を受けている。Zunum Aeroは電気航空機で、より安く、より早く、より便利な空の旅をアメリカ中の小都市に提供することを目指している。Zunum Aeroは5月21日(現地時間)、プライベートジェットを運航するJetSuiteが...

【コンセプト】車輪まで折りたためちゃう自転車

 車輪まで折りたためちゃう自転車ってどう思います?不安定で危険って心配になっちゃう人も多そうですよね。だって、車輪部分がこんなにポキポキになっちゃうんですよ。カッコイイっちゃ、カッコイイですけど、これで車の間や人混みをすり抜けながらジグザグに走ったりしたら、この車輪で耐えられるのかなぁって思っちゃいます。軽くて耐久性があってコンパクトになるんだったら、便利そうなんで僕的には試してみたい気もします。...

水素浴できるカプセルサロンが銀座にオープン

 「水素はカラダにいいらしい」そんなイメージは漠然とあるけれど、「水素水は意味がない」といったニュースも気になる昨今。水素浴カプセル専門サロンが東京・銀座にオープンしました。水素を全身に浴びて、効率よく吸収「Ginza Aimy(銀座エイミー)」では、これまでの水素吸引や水素水による摂取ではなく、全身で水素と溶解型酸素を取り入れる世界初の体験ができます。より効率的に水素を体内に取り込むことができるのだとか。「銀座...

アメリカの新スパコン「Summit」が世界1位に返り咲き

圧倒的だけど、これでもいずれ抜かれるのがスパコン界隈のすごいところ。オークリッジ国立研究所は、IBMと謎の半導体メーカーNIVIDIA(エヌビディア)とともに、新しいアメリカ産のスーパーコンピューター「Summit」を開発しました。2018年6月現在、世界でも最も強力なスパコンになります。計算速度は毎秒200ペタフロップス。日本のスパコン「京」の20倍、一般的なラップトップの100万倍高速です。Summitが1秒で計算できることを人間が...

古いスピーカーがBluetoothスピーカーに生まれ変わるアンプ内蔵レシーバー The VAMP

 イギリスでは、主要なリサイクルセンターの一つを見ても、月間10000台のスピーカーがまだ使える状態にもかかわらず廃棄されています。良い音を出すスピーカーは宝物です。この製品には「Save a Speaker」という明確な哲学が存在します。年間何十万台と廃棄されているアナログスピーカーを何とか再活用することはできないだろうか、こんなコンセプトがVAMPを産み出しました。デザインはとても小さくスタイリッシュで古く美しいス...

紙幣やチケット、錠剤などを隠して持ち歩ける『Travel Stash』

 旅先では、どんな不測の事態に出くわすか分かりません。財布を落としてしまったり、スリに遭ってしまったり、そんなイザというときに備えて隠し金を忍ばせておくというのは、悪い選択ではありません。いや、それが自宅の中だとしても、誰にも見られたくない紙状の何かを隠しておきたいということもあるでしょう。栓抜きとしても使える『Travel Stash』は、キーホルダー風の見た目ですが、中が筒状になっていて大切なものを隠して...

ドリップの時間さえ待てない、せっかちさん向け!

おいしいコーヒーを自分で淹れてスタートする朝って気分がいい。しかも、それが手軽にできれば尚のこと。好みは別れるけれど、僕の場合フレンチプレスがしっくりくる。なんたって、ワンプッシュの手軽さがいい。朝からちょろちょろと一滴ずつのドリップ気分を楽しむ余裕なんてないわけで。ワンプッシュで抽出、これ基本。かすを出すのもポイッと押すだけこれこれ、FLASKなるフラスコ型のコーヒーメーカーなんですが、同時にティー...

空調設備もあり。近未来の「自転車ハイウェイ」

 建設されればされるほど、生み出される電気は増え、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第一歩となる「自転車専用ハイウェイ」だった。排気ガスを減らし電力を作り出すRichardさんが自転車に注目したのは、排気ガスを出さないからだった。自転車のインフラを発展させて多くの人に車やバイクから乗り換えてもらう、というのが彼の狙いだ。この...

腕に大画面ディスプレイを投影するスマートウォッチが開発中

 ついにスマートウォッチの限界を破る!スマートフォンが、ここまで普及した要因の1つに、大画面化の波があったことは否定できません。4インチサイズが主流だったなんて、いまでは想像すら難しいのでは? 一昔前ならば、これはタブレットでしょうというサイズにまで、スマートフォンのディスプレイが大型化したことで、情報量もアプリの自由度も大いに高まり、より使いやすくなったスマホのユーザーが増えるというサイクルを経て...

圧倒的に人をダメにしてしまう「未来のコンビニ」

 UberEATSが発表されたとき、僕はちょっと否定的なスタンスでした。「自分の足で行けばイイじゃん」って。だけど、試しにやってみると、無駄な時間がなくなって、予想以上に便利で、気づいたらオーダーの回数も増えていて。今では、ヘビーユーザーの仲間入りです。………と、このような経験があるから、今から紹介するサービスには、お世話になるんだろうなと思ってしまうのです。「コンビニ行ってくる」が「コンビニ、呼ぶね」にな...

寝ても起きても疲れが取れない「慢性疲労症候群」とは?

 慢性疲労症候群(CFS)は、症状がさまざまでまだよくわかっていない部分も多い病気。特に顕著なのは圧倒的な疲労感。無気力を伴う疲労感にならないための方法はっきりした原因はわかっていませんが、インフルエンザのような症状が現れてから、さらに疲労感が強くなっていくのです。アメリカでCFSにかかった人は100万から250万人。うち90%は診断すら出ていないそう。女性は男性の2倍、40歳から60歳の間でかかりやすいとわかってい...