KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

光速の5分の1、史上最速の宇宙ヨットで恒星へ

シリコンバレーの大富豪の資金援助によって、太陽系に最も近い恒星ケンタウルス座アルファ星に探査機を送り込む「ブレークスルー・スターショット」という計画が持ち上がっている。聞き慣れない名前の星だが、南半球に行って夜空を見上げればすぐわかる。南十字星の比較的近くにある、ひときわ明るく輝いている星だ。■太陽光を利用する帆船型 太陽系の隣の星といっても、光が宇宙空間を時速約11億キロメートルで走って4年以上か...

フェリシモ「500色の色えんぴつ」の新作

 圧巻の色数で話題を呼び、世界で10万セットが売れたというフェリシモの「500色の色えんぴつ」。シリーズの第4作目として「フェリシモ 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」が誕生しました今回の新シリーズ(月1セット2808円)は、葛飾区や荒川区など東京都内にある製造メーカーの職人グループがつくり上げたジャパンクオリティーが特徴。通常より太いなめらかな描き心地の太芯や、手になじみやすい、丸みをおびた太四角のフォルム...

アンドロイドの「パターンロック」は最悪の安全性という研究結果

 スマホの画面をロックするのに「1234」や「0000」といった簡単すぎるパスワードを使うのは得策ではない。アンドロイド端末ではパスワード以外に「パターンロック」認証も多く使われるが、このパターンロック認証は思ったよりも簡単に突破可能なことが明らかになった。研究チームによると、わずか5回のトライでパターンロック認証は解除可能だという。それはスクリーンに手垢が残っているからというわけではない。驚くべき精度で...

45日でDIYできるスモールハウス。ブロックみたいな家『MINIMOD』

 最近は一般にも認知されてきた感のある、「断捨離」。生活に必要最低限なものだけ所有することでスペース的、あるいは金銭的に余裕のある暮らしを実現するというアイディアですが、そんな断捨離生活を体現したようなミニマムな小型住居『MINIMOD』が登場しました。『MINIMOD』のキーワードは「ポータブル」と「モジュール」。例えば上画像のように簡単に自然の中に持ち出すことができますし、直方体のモジュール形式の住居を組み...

マンモスを今後2年以内に復活させることに成功するという研究者の予測

 遺伝子編集技術「CRISPR」に関わったハーバード大学のジョージ・チャーチ教授が、マンモスの復活について「今はまだですが、2年以内には可能になるでしょう」とアメリカ科学振興協会(AAAS)の年次総会で発言したことがわかりました。ここでいうマンモスは100%マンモスの遺伝子を持ったものではなく、「マモファント」とも呼ばれるハイブリッド型の生き物のこと。ゾウとマンモスのハイブリッドの胎芽を生み出すことを目標とするプ...

20,000mAh、3台同時の急速充電。Ankerの新モバイルバッテリーシリーズ「PowerCore II 20000」

価格・容量・スピード、モバイルバッテリーとしてすべての性能を備えています(ただしでかい)。Amazon(アマゾン)でもおなじみ、充電製品ブランドのAnker(アンカー)から、モバイルバッテリー「Anker PowerCore II 20000」が登場しました。今回の新製品は、Ankerのモバイルバッテリー「PowerCore」の2世代目シリーズ。1世代目はさまざまな容量が展開され、価格も求めやすく評判の良いモバイルバッテリーでした。そしてこの20000...

再配達を減らせるか? パナソニックの「押印できる」宅配ボックス

宅配ボックス市場、急成長しそうな予感です。最近ニュースで多く取り上げられている、宅配業者の料金値上げ報道。その理由はいろいろありますが、再配達の多さによる宅配員さんへの過剰な負荷が大きな問題となっていますよね。なんでも、送料の値上げ以外に再配達の有料化も検討されているとか。そんなタイミングで、パナソニックの宅配ボックス『宅配ポスト コンボ』シリーズに、新モデルが拡充されました。『宅配ポスト コンボ』...

スマホバッテリーのおすそ分け? ソニーの新特許が判明

スマートフォンのバッテリーが切れそうになったとき、多くの人はモバイルバッテリーを利用するでしょう。でも、もし友達のスマートフォンにたっぷりバッテリー容量が余っていたら、それを使えないか…。そんな誰もが思ったことのある経験を、ソニーが特許として出願していました。James Richardさんらの署名で提出されたこの特許では、ワイヤレスで電力を供給する方法について解説されています。ソニーは長らくNFC(近距離無線通信...

フィットネス自転車「Me-Mover FIT」

5年の歳月をかけてコペンハーゲンで開発され、Kickstarterで約3,500万円の支援を集めた次世代型コンパクト自転車「Me-Mover」。そのフォードバックを受けて進化を遂げた次世代モデル「Me-Mover FIT」が、メディアジーンが運営するクラウドファンディングサイトmachi-yaで、支援者を募集しています。人口の半数以上が自転車で通勤しているデンマークの首都・コペンハーゲン生まれのMe-Mover FIT。あらゆる走行環境に対応した設計に...

iPhone 7/7 Plusを究極進化させるケース『Sweet Case』

こんなケース使ったら、二度と元に戻れなくなりそう。アップル製品といえば、引き算の美学。とうとう『新型MacBook Pro』からはUSBのType-AポートもSDカードスロットもなくなり、USB Type-C(Thunderbolt 3)のみになってしまいました。その思想はiPhoneでも共通しており、『iPhone 7』や『iPhone 7 Plus』ではイヤホンジャックがなくなったんですが……これがどうにも不便。手持ちのイヤホンに変換プラグを装着するのも、なんかかっ...

97%木材の包丁

料理を本格的に始めたい人も、すでに料理好きな人も、包丁で他の人に一歩差をつけるのなら「SKID」がオススメだ。 さすがに刃の部分は金属だが、それ以外の握り、腹、背など97%の部位が木製。木材の部分はニセアカシアやクルミでできていて、耐久性が高いだけでなく、タンニンを多く含むため殺菌作用が高くなっているのが特長だ。それに加えて、木材に特殊な方法で亜麻仁油を染み込ませて、木材特有の細かな穴を塞いでいるので、...

アプリで色が七変化!カラーも形も組み合わせ自由な「オーロラライト」

ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップ「MoMA Design Store」に、パズルのようにパネルを組み合わせて自由にデザインできる、「オーロラ(Aurora) ライト」が登場しました。「オーロラ ライト」の魅力は、専用アプリによって9つのインターロック式三角型LEDライトの色や点灯パターンをカスタマイズできるところ。ライトパネルは付属の接着テープで、壁や天井などに手軽に取り付けられるので、自分で自由に配置を決め...

左右180度を映して部屋全体を見守れるネットワークカメラ

アイ・オー・データ機器は、水平180度の広い範囲を映せる、魚眼レンズを搭載したライブネットワークカメラ「Qwatch(クウォッチ) TS-WRFE」を2月下旬に発売する。価格は19,900円。有線と無線のLANに対応した、ネットワークカメラ。離れた場所からでも、スマートフォンやパソコンでカメラの映像を確認できる。水平180度の魚眼レンズを搭載し、部屋全体を一度に見守れるという(垂直は95度)。パソコンからの場合、映像を拡大した上で、...